동맥경화의 예방과 치료법

動脈硬化の予防と治療法 動脈硬化の予防と治療のために特にこの点に注意せよ!動脈硬化予防と治療のためのアドバイス、まず高血圧を予防しようと血圧と動脈硬化が密接な関係にあることはよく知られている事実だ。動脈硬化の原因として多くの因子が考えられており、その一つが高血圧または高脂血症である。 高血圧の症状が長く続くと、どうしても動脈硬化が起こる。 高血圧の状態で動脈は心臓が送る血液に強い力で押されるため、大きく膨らむ。 そうなれば動脈が次に押し返す力も大きくなければならない。 すなわち、中膜の筋肉輪への負担が大きくなり、無理に仕事をするよう強要されることになる。 中膜が無理に働く状態(高血圧状態)が長くなると、中膜は筋肉なので徐々に発達して厚くなる。高脂血症を防止しよう。私たちの血液中にはコレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類の脂肪が溶けており、これらを合わせて総脂質と呼ぶ。 広義には高脂血症は総脂質が増加した状態をいうが、一般的には血液中の総コレステロールまたは中性脂肪が増加した状態を意味している。 高脂血症の状態では動脈硬化が顕著に進行するだけでなく、脳出血や脳血栓、狭心症や心筋梗塞が起きやすい。 高脂血症は動脈硬化の危険信号と言っていいだろう。犯人は有害なコレステロール(LDL)、様々なコレステロールのうち動脈硬化と大きな関係があるのはLDL(低比重リポタンパク)、コレステロールとHDL(高比重リポタンパク)、コレステロールだ(以下LDL、HDLと弱い)。 一般的にはLDLを有害コレステロール、HDLを有益コレステロールと呼んでいる。 したがって、血液中にHDLが多くLDLが少ない時は安心だが、逆にLDLが多くHDLが少なければ危険だ。 数値としては、1デシリットル中にLDLが150mg以上またはHDLが400mg以下であれば危険な状態と考えられる。 最近の研究によると、LDLを1p下げれば虚血性心症の発生率は2p下がるという。@ff生命の根源を抹殺する恐怖の病、動脈硬化!実は最も恐ろしい癌よりも怖い病気!動脈硬化とはどのような病気か、動脈の異常というのは様々だが、その中でも一番の大きな病気がまさに癌に次ぐ動脈硬化である。 心臓から噴き出される澄んだ血を引き上げて強力なパワーで圧縮作用をして全身の隅々にポンプを送る作業がまさに動脈の主業務だ。 ところが誤って動脈が固まったりすると収縮作用(ポンプ)がまともにできなくなり、結局は人生(生命現象)そのものまでも失うことになるのだ。 この途方もない恐ろしい病気について、私たちはどれだけ理解しているのだろうか? 現代人の成人病の中でも最も危険な病気の一つとして注目されている。動脈の役割と重要性、私たちの体の中に一時も休まず、生きている間は重労働を続ける機関がある。 まさに心臓だ。 心臓の鼓動が止まれば、私たちの人生もその幕を下ろすことになる。 心臓の鼓動は動脈と無関係ではない。 「生きている」の確認というか? 心臓は絶えず沸騰した血を作り、私たちの体の隅々に澄んだ血を供給する。 その私たちの体の全体路線(血管)を駆け回る出発点の料金所が動脈だ。 それで動脈は常に心臓とその運命を共にしている。あなたの動脈は正常な人家動脈に異常が生じれば、私たちの体全体に交通渋滞現象が起き、生命の根源となる物資需給(血液供給)が円滑に行われず、生活(生命現象)に支障をきたす。 健康は健康な時に守ることが最も賢明な生き方だ。 この本の追求するところもまさに彼と同じだ。@FF番頭末第1章動脈硬化の原因と症状1相互促進させる高血圧と動脈硬化1高血圧が動脈硬化を促進させる。 1* 高血圧は動脈に負担を与える。 1* 動脈硬化は高血圧を助長する 3血液中の脂肪がもたらす動脈硬化4*高脂血症は危険信号4*法人は有害コレステロール(LDL)6*黄色魔の手9*人の老化は動脈から始まる11動脈硬化と脳(脳卒中と老人性認知症)13高血圧性脳出血14*活動中に起こる高血圧性脳出血14*脳出血の処置15くも膜下出血16*活動とは関係なく起こるくも膜下出血16*くも膜下出血治療17脳血栓18*小さな発作の前兆を持つ脳血栓18*脳血栓塞栓18*脳血栓塞栓19色の治療である 22脳卒中の前兆26*突然の血圧上昇は危険信号26*眼底出血は赤信号27*自覚できる前兆を逃さない。 28 心疾患と大動脈瘤 31 心と冠動脈瘤 31 * 冠動脈瘤 42 * 動脈硬化と心臓肥大が上昇作用 34 * 心臓の酸素不足が狭心症 35 * 狭心症の応急処置 37 心筋梗塞 38 * 心筋梗塞は心臓筋肉の会社 38 * 心筋梗塞の恩給処置はCCUで、39 *恐ろしい心原性ショック 40 * 心筋梗塞の合併症 41 大動脈瘤 41* 腹部大動脈瘤 42* 解離性大動脈硬化と腎臓47 新婦前は高血圧の末47 * 新婦前は高血圧と糖尿病= 高血圧50糖尿病= 高 53*幼い頃から感染習慣を54*薄いだけのおいしい食事を作る 55*外食の時の塩分にも注意しよう。 57*調味料、加工食品の塩分量を知っておく 59*カリウム(K)は食塩を排泄させる 62*食物繊維が塩分を追い出す 63*食事量を減らせば食塩も与える 64 *目標は1日8g 65 *感染は計画的に67脂肪を減らすと、68 *コレステロールも体に必要68 *動物性脂肪に多い有害コレステロール69 *脂肪食は高いカロリー食74当分減らすと76 *糖分過剰摂取する肥満型、 脂肪度適正量は必要78アルコールは控える80*少量の酒は血圧を下げる80*お酒のつまみが血圧を上げる82*お酒は高カロリー飲料84総カロリーに注意しよう85*標準体重を知ると85*適切なカロリー摂取量は87*動物性タンパク質は3割が理想的88*脂肪は総カロリーの25p以下で、90肥満防止は自己管理から91*自分の適正カロリーを把握する91*肥満は脂肪を背にした生活93*運動でエネルギーを残さない 93運動による予防95運動の効果95*適当な運動を肝に銘じよう95*肥満の人は必ず運動を96*突然の減量は危険99*運動でストレス解消を100動脈硬化予防に適した運動102*ジョギングは楽しく102*水泳は不適合104*テニスは軽いストローク程度105*野球は苦手でも良い105*ゴルフは適度な運動量106*散歩107日常生活での動脈硬化予防109ストレスを溜めない生活109*ストレスを大きくしない109 *十分な睡眠をとる110 *運動でストレスを解消する 111* 興奮のない生活をする 112* 時には考え直す精神も必要 112温度差が少ない生活をしよう 114*寒気に長い間体を露出させない 114* 突然の寒気には注意が必要 115* お風呂は空気を温めてから115*お肌を鍛えて寒さに強い体を作る 116* トイレは暖かく118その他の注意事項 119 * 禁煙を実行 119 * 夜のコーヒー、紅茶は控える 120* 夫婦生活を無理せず 120* 旅行は無理せず 良い季節に 120 第3章 動脈硬化の治療123検査と治療法123 高血圧検査124*眼底検査で高血圧や動脈硬化の程度が分かる124*尿検査で腎臓機能がわかる 126* 血液検査で動脈硬化を知る 127X線検査で心臓肥大がわかる 128*CTやエコーで心臓や血管異常がわかる 129 一般療法と薬物療法で効果 130 * 一般療法が血圧を下げる主役 131 * 運動療法は体力に合わせて132 * 粘りのある新薬開発133 * QOLと動脈硬化治療134 食餌療法137 食餌療法の基本方針 137 * 4つの基本方針 137 * 動脈硬化の元胸は食塩 138 * カロリール計算をすると、139*タンパク質は十分141*ビタミン、 ミネラルも注意を、142 他の病気と食事療法148*腎臓病がある場合148*脳血管障害がある場合149*虚血性心疾患(狭心症心筋梗塞)の場合149*糖尿病がある場合150動脈硬化症治療154脳卒中の治療154*発作が起きた時の注意154*治療は医師を信頼し、157*回復の成功は社会復帰意欲がまず158狭心症、 心筋梗塞の場合、160*初期治療は薬が中心160*効果的なバイパス手術161*下肢に風船を入れるバルーンポンピング162第4章 何が高血圧を招くのか165体質が高血圧を招く165*高血圧体質が遺伝する166*10人に4人は遺伝による高血圧166*肥満者は要注意167*遺伝を恐れないで168年齢と共に重価する高血圧169*あなたも高血圧予備群170*50代以上では半数が高血圧者170食生活がもたらす高血圧171*食べ物の過剰摂取国の食生活17、 タバコに要注意176*アルコールを習慣的に飲むことは危険177*排して無益なタバコ177ストレス、過労、睡眠不足178*ストレスが血圧を上げる 179* 過労睡眠不足度対敵180病による血圧上昇181*病気が治療されると元の血圧に戻る181血圧のメカニズムと測定方法183*収縮期=最高血圧拡張期=最低血圧184*動脈は3層の弾力ある管186血圧の測定方法188*血圧測定は安定状態188*家庭での血圧測定の注意点191*血圧の1日変化193*「年齢+90」は俗説196*最低血圧が高いと要注意197番目に血圧が上がるのか199*血管が収縮すると弾力性が上がる 200* 血液の量が増えると血圧が